印刷ページを表示

用語集−さ

<< 前のページにもどる

CCDカメラ

CCDカメラやCCD方式デジタルカメラと呼ばれるカメラに使われている撮像素子は、CCDイメージセンサ(Charge Coupled Device Image Sensor) と呼ばれるものです。
一般的なデジタルカメラ、携帯電話のカメラやWebカメラの撮像素子には、CCDイメージセンサかCMOSイメージセンサのどちらかが使用されています。 どちらのイメージセンサも、フォトダイオードと呼ばれる素子に照射される光の量を電荷の量に変換するという原理は同じです。しかし、CCDイメージセンサとCMOSイメージセンサは製造方法や電荷の読み出し方法に大きな違いがあり、それぞれに長所・短所があります。
CCDイメージセンサは感度が良く、高速に移動する物体の撮影も可能ですが、CMOSイメージセンサに比べると高価で消費電力が多いという特徴があります。

株式会社ミウラセンサー研究所 研究開発室

〒985-0874 宮城県多賀城市八幡字一本柳3番12号 さんみらい多賀城・復興団地

TEL:022-385-5109 FAX:022-385-5209

アクセスマップ