印刷ページを表示

開発製品(検査機関/企業用途)−非接触型有害元素検出装置Denbee TypeI a

Denbee Base Type Ta

有害元素の見張り番-非接触型有害元素検出装置

平成19年度みやぎものづくり大賞グランプリ受賞【機械器具等その他製品部門】

※「Denbee Base」は潟~ウラセンサー研究所の登録商標です。

「Denbee(でんび)」は、東北弁で「額」を意味します。

Denbee TypeTa
有害元素の検査ができます
RoHSや玩具規制に対応した重金属等の検査が可能です。
蛍光X線により試料に含まれる元素を分析する装置です。
即座に評価できます
試料をそのまま試料台に置いて測定できます。
最短10秒の測定で試料に含まれる元素が判ります。
現場で使用できます
小型・軽量ですので持ち運びが可能です。
試料を採取した現場で測定する事も可能です。
操作が容易です
特別な資格を持たなくても使用可能です。
測定位置をカメラ画像で確認しながら決められます。
検査イメージ 測定画面

より高度な分析に対応する装置も取り揃えております

Denbee Base Type I (X線対応)
・Type Iaと同様に、蛍光X線で試料を評価する事が可能です。
・透過X線で試料を評価する事も可能です。
・測定データのマッピングによる視覚化も可能です。
Denbee TypeIとIa
Denbee Base
光源・検出器を除いた Type I〜Type IVに
共通の機能を 備えています。
・検出器出力の記録・光源の制御
・検出器位置の制御・試料位置の制御
・測定データのマッピングによる視覚化
・カメラによる可視光での試料の観察
・測定結果のファイルへの入出力
・報告書作成の支援
 
Denbee Base Type II (紫外線対応)
・Type Iと同様な試料の評価を、紫外線で行う事が可能です。
Denbee Base Type III (可視光線対応)
・Type Iと同様な試料の評価を、可視光線で行う事が可能です。
Denbee Base Type IV (赤外線対応)
・Type Iと同様な試料の評価を、赤外線で行う事が可能です。

主な仕様

測定原理 エネルギー分散型蛍光X線分析法
用途 検査、スクリーニング
測定可能な元素 Si〜U
試料の最大寸法 幅25cm×奥行き20cm×高さ6cm
試料の性状 固体・粉末・液体
試料室の雰囲気 大気
X線管 最大管電圧 50kV
最大管電流 200μA
ターゲット タングステン、又は、銀
空冷式
検出器 Si製PINダイオード
電子冷却方式
光学観察 測定部位確認用カメラ有、CCD方式
制御用ソフトウェア 定性分析機能
定量分析機能
検査報告書出力機能(Excelが必要)
制御用コンピュータ Windows XP 又はWindows Vista
USB(2.0)接続端子装備
画面解像度 1024×768以上
漏洩X線量 1μSv/h以下
安全装置 インターロック機構、扉スイッチ、
電磁ロック、X線出力表示灯、非常停止釦
測定装置の寸法 幅30cm×奥行35cm×
高さ31.5cm(突起部含まず)
測定装置の重量 約20kg
測定装置の電源 AC100V 50Hz/60Hz
測定装置の消費電力 測定装置の消費電力60W

※本装置を設置するにあたっては、設置の30日前迄に所轄の労働基準監督署へ設置届出書を提出する事が必要となります。(中央省庁への設置では人事院への届出、公立機関への設置では各都道府県の人事委員会への届出が必要となります。)本装置の使用に当たっては、安全な使用に関する講習を受ける事が必要です。

※ 性能・仕様は、改良・改善の為、予告無く変更する事があり、記載内容と相違する事があります。

製造元

PDF版カタログへ株式会社ミウラセンサー研究所
〒985-0874 宮城県多賀城市八幡字一本柳3番12号
さんみらい多賀城・復興団地
TEL: 022-385-5109  FAX: 022-385-5209
E-mail:office@miura-sensor.jp     Home Page http://www.miura-sensor.jp

株式会社ミウラセンサー研究所

〒985-0874 宮城県多賀城市八幡字一本柳3番12号 さんみらい多賀城・復興団地

TEL:022-385-5109 FAX:022-385-5209

アクセスマップ